消費者金融の審査について比較しています

消費者金融の審査の基準について

 

消費者金融の審査ABC!オススメのローン会社を徹底比較!!

キャッシングする場合は審査を受けることになりますが、消費者金融からキャッシングした場合の審査の基準はどこにあるのでしょうか。

 

消費者金融の場合、年収勤続年数居住年数、そして借入額が年収に対してどれぐらいの比率にあたるか、これまでローンやキャッシングをしたときの返済はどうだったかが審査の基準になります。

 

その中でも一番見られるのは、年収に対する比率、そしてこれまでの返済状況です。

 

年収が高くてもこれまで他社のローンやキャッシングをしたときに返済が滞っていたのであれば審査には通りません。 しかし年収が低くても、これまできちんと返済を終えていたのならば審査には通ります。 また、年収に対する借入額の比率も大事な審査基準になります。消費者金融には総量規制というものがあります。年収にたいして総額1/3以上借り入れることができないのです。年収に対して不相応な額を借りようとしていると判断されればキャッシングの審査には通りません。   

消費者金融ごとのタイプと審査について

 

アコム

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループですからまずは安心感があります。
返済も金融機関やコンビニなどですることができますから、わざわざ店舗に行く必要はありません。
金利についても年利で4.7%から18%とかなり低く抑えられています。
アコムのよさは融資までの速さにあります。
カードの発行は店頭の窓口や自動契約機を利用すれば30分でできますし、審査が通れば即日振り込みも可能ですので急にお金が必要になった場合は非常に助かります。 

プロミス

プロミスは三井住友フィナンシャルグループですから、こちらも安心してお金を借りることができます。金利についても6.3%から17.8%と低金利ですし、30日間無利息サービスもあります。もし30日以内で返す予定があるのならばプロミスを利用すると有利です。融資までの早さですが、プロミスならば平日14時50分までならば受付を完了して10秒以内に振り込んでもらえます。14時50分ならば金融機関のしまる時間に間に合いますからううれしいですよね。 

モビット

モビットは500万円まで融資してもらえますから、大口の融資を検討しているときはおすすめです。また、申し込みについてもWEBで簡単に終わりますから時間をとられません。ATMも対応しているところが多いですので、いつでもどこからでもキャッシングが可能です。審査は10秒で終わりますし、14時50分までに手続きが済んでいれば即日融資も可能です。
職場に連絡があったり契約などについて郵送物があることに不満を感じる人も多いですが、モビットは電話も郵送物もありません。 

アイフル

アイフルは審査もインターネットのみで行っています。
契約も早く、それだけ融資までのスピードも速いです。即日に振り込みもしてもらえますから、すぐに必要なときには非常にうれしい会社です。アイフルは女性にやさしいキャッシング会社です。パートやアルバイトなどで定期的な収入があれば主婦でも申し込むことができます。女性専用ダイヤルもありますから、初めてのキャッシングに不安を感じている女性でも安心して申し込むことができます。  

 

消費者金融についてのあれこれ

 消消費者金融の審査ABC!オススメのローン会社を徹底比較!!費者金融は急にお金が必要になったときに非常に便利です。お金を借りるには審査が必要ですが、消費者金融ではすぐに審査に掛かってもらえますし、所要時間30分ほどで終わります。銀行系ですとどうしても時間が掛かりますから、非常にうれしい存在です。 また、申し込み方法も店頭だけでなく、電話やインターネットなどさまざまな方法を利用することができますし、自動契約機を使えば担当者と話をすることなく、機械の操作だけで申し込みが完了します。あまり人と顔を合わせたくない人には自動契約機が使えればいいですよね。 返済方法も店頭やATM、銀行振り込みなどさまざまな方法から選ぶことができますから時間の節約になります。忙しくてなかなか店舗に行く時間のない人は手近にある提携のATMを選ぶことができたら返すのも楽です。リボルビング払いもありますから、自分の出せる範囲内で無理なく返済することができますから、返済計画が建てやすくて便利です。  

消費者金融の審査に必要なもの

 消消費者金融の審査ABC!オススメのローン会社を徹底比較!!費者金融からお金を借りるには審査に通ることが必要です。審査を受けるに当たって必要なものには何があるのでしょうか。審査をすぐに通すために準備しておいたほうがよいですよね。
消費者金融の会社によって、それぞれ必要な書類は異なります。しかし、まず大切なものは身分証明書です。

 

50万円以下の融資を受ける場合は、だいたいの会社は身分証明書だけ用意すれば十分です。
運転免許証やパスポートなどの身分証明書は、店頭であれば直接確認して終わりになりますが、無人契約機を利用する場合は設置されたスキャナーで取り込み、インターネット申し込みの場合は自宅のスキャナーから、携帯電話からであれば形態のカメラで撮影した画像を送ります。
50万円以上の融資を受ける場合は、身分証明書のほかに収入証明書が必要となります。
収入を見て、その金額が返せる価格であるかを審査されるのです。
どの消費者金融で申し込むにしても、必要なものは会社によって多少異なりますが、まずは身分証明書を用意しておいてください。

 

生活費が足りない時債務整理費用即日融資 銀行・消費者金融